前へ
次へ

不動産関係の本は書店で沢山販売している

土地や建物等のような不動産に関して関心を持つのはとても良いことで、色々なことを学ぶことにより今まで知らなかったことが分かるようになりそれが実生活に役立つこともあります。
ごくわずかな例外を除いて土地と建物は別々に登記をする必要があり、そのことが分からないと不動産を取得して所有権移転の登記をする場合には手続きを間違えてしまうこともあるので注意が必要です。
ただ不動産登記の問題に関してはよく分からなくても司法書士に頼めば殆どの手続きを行ってくれるのでそれほど心配することはありませんが、それでも知識があるのとないのとでは大きく変わって来ます。
司法書士から話を聞いてもよく分からないことがあると後で何かあった時に困ってしまうので、時間がある時にでも少し勉強するようにした方が良いです。
私も民法や不動産登記法などのような不動産関係の勉強を始めることにしたのですが、今では分かりやすく書かれているテキストが書店で沢山売っているので本当に助かります。

Page Top