前へ
次へ

持つべき財産とそうでないパターン

持っておいた方が良い資産の一つとして不動産があるわけですが持っていてはいけないタイプの不動産として不動産というのがあがることもあります。
どうしても固定のコストがかかるものになりますので少なくともとりあえず持っていればよいというタイプの財産ではないということを理解しておきましょう。
例えばビルとかそういうのであれば、貸せる可能性も高いでしょうが、貸すことができないのであればそれはビルそのものの固定費がとにかく高いということになりますので、まさに負の財産ということになってしまうのです。
それだけは覚悟しておく必要性があります。
不動産というのは買うのではなく借りたほうが良いなどと言われる理由の一つとしてそういう部分があるわけです。
しかし、常に利益を生み出してくれるような建物とか土地ということになりますとやはり素晴らしい財産となる可能性は高いです。
立地がよいというのは立地が悪くなるということがほぼないで、基本的には立地が良い不動産というのが最高です。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top