前へ
次へ

相続税対策ならマンション投資がオススメです

遊休不動産をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
遊休不動産をそのまま放置していても固定資産税がかかるだけで、家計財政を圧迫してしまう可能性があります。
そのため早めの対策が必要ですが、オススメしたいのが不動産投資です。
不動産投資であれば、そのような遊休不動産を有効活用できます。
不動産投資には様々な種類がありますが、その中でも人気があるのがマンション投資です。
マンション投資であれば、賃借人が支払う家賃がそのまま収入に繋がりのますので、将来的に安定した収入の確保を期待できます。
また、マンション投資には相続対策というメリットもあります。
相続を行う際、預金や株式、債券などは時価で評価されますが、投資用不動産については路線価によって評価されます。
路線価というのは、だいたい実勢価格の70~80%程度で評価されることが多いので、相続にかかる税金を安く抑えることができるのです。
相続税の節税の方法を探している方は、マンション投資という選択肢もあります。

Page Top