前へ
次へ

高齢者が介護保険を利用してリフォームの補助

高齢になると若い時のように自由に動けなくなるときがあります。
足が悪くなると活動範囲も狭まり、より体力が減ってくることもあるので十分注意しないといけません。
無理は禁物でしょうが、できる範囲で動くようにしておけば何とか生活はできるでしょう。
しかし生活が難しいなら住宅の改修も必要になります。
住宅を所有する高齢者がより住みやすくするためにリフォームをするとき、条件を満たせば助成金が受けられる時があるのでチェックしておくと良いでしょう。
注意としては高齢者なら誰でもいいわけではありません。
重要になるのが条件で、それを満たさないと受けることはできません。
条件としてあるのが要介護認定で、要支援や要介護に認定されていないといけません。
足が悪い人などは車椅子などを利用する人もいますが、ただ車椅子を利用するだけで認定を受けていなければ対象になりません。
また工事の種類によっても対象になるものとならないものがあるので注意しましょう。

Page Top